宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震が土佐、伊予、阿波、讃岐等に及び、家屋の被害、人畜の死傷するものその数を知らず、地震に続いて津波が起こり、四国だけでも40万人死亡と伝えられている。
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、119-120頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
宝永地震 津波 死者
NO.
高知4489

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻(14時頃)、猛烈な地震が起こった。亥の大変と言われている。地震後に大津波が来襲し、土佐の沿岸は大惨状を呈したと... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝8時に地震が始まり、1時間程続き、12時頃から夕方までに海岸地帯では大津波が10度押し寄せ、4回目の波が最高の1丈5尺... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未上刻、大地震が起こり、屋舎の倒壊、人畜の死傷がおびただしかった。地震に続いて海嘯が発生した。谷陵記では、地震により国中... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)、夜半に大地震が発生し、大津波が起こり、奈半利平野は一面に海水が入り、潰家、流出があり、死者も相当あったと伝えられている。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が起こった。県内の死者1,844人、津波等で流出した家が11,170軒、潰れた家4,869軒と伝えられ... 続きを読む