慶応2年の洪水

災害年月日
1866年03月17日
市町村
高知県四万十川流域
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)2月1日、大風に雷を伴って大豪雨となり、渡川流域は大出水となった。
Googleマップ
参考文献
森栄著「渡川災害史と治水運動」(森栄、1987年)、36頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
風雨 洪水 四万十川
NO.
高知4500

よく似た災害

昭和5年の台風

昭和5年(1930)8月18日、九州に上陸した時化の余波を受けて、幡多郡では豪雨となり、渡川流域は大洪水となった。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)、那賀川大洪水。寅の水と呼ばれ、10日余りも大雨が降り続き、前代未聞の大出水となった。西納で1軒砂入りとなって埋まった。榎谷では、... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月5日より7日まで大雨となり、近年中の大水となる。領内の死者26,700人余、牛馬600匹死。(「教法寺過去帳」による) 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月5日から3日間の豪雨により、吉野川流域では北山から南山まで一面の濁流となったと伝えられる。三好郡誌は支流馬路川を大木が立ちなが... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日より雨が降り始め、7日から8日にさらに大雨となった。綾南町畑田地区の本津川流域では、海のように水をたたえ、舟で避難往来する... 続きを読む