明治9年の洪水

災害年月日
1876年00月00日
市町村
高知県四万十川流域
災害種類
風水害  
概要
明治9年(1876)、四万十川の大氾濫があった。中村町でも住家の倒壊が多く、被害は甚大であった。藩政中期以後の山林伐採が災害をもたらした洪水ということができる。
Googleマップ
参考文献
森栄著「渡川災害史と治水運動」(森栄、1987年)、44-46頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 四万十川 山林伐採
NO.
高知4501

よく似た災害

明治26年の水害

明治26年(1893)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む

明治29年の水害

明治29年(1896)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む

明治34年の水害

明治34年(1901)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む

明治40年の水害

明治40年(1907)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む

明治18年の水害

明治18年(1885)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む