明治43年の洪水

災害年月日
1910年08月07日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治43年(1910)陰暦の7月3日、4日頃、台風による洪水のため、稲作は3~4割の減収となった。
Googleマップ
参考文献
森栄著「渡川災害史と治水運動」(森栄、1987年)、74-76頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 後川
NO.
高知4507

よく似た災害

昭和21年の長雨

昭和21年(1946)6月~7月、多雨が続き、日照不足は5月~6月に顕著であった。このため、麦作はかなりの減収となった。 続きを読む

天明元年の洪水

天明元年(1781)、丑年の洪水により、高80,164石余の減収となった。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

天明2年~6年の洪水

天明2年(1782)から6年(1786)まで、洪水のため毎年稲作は被害をこうむり、飢饉となった。 続きを読む

万延元年の洪水

万延元年(1860)5月15日、別宮川筋名西地方で大洪水、7月11日には強風で77,000石の減収となり、年貢御免となった 続きを読む

昭和30年6月の降雹

昭和30年(1955)6月30日午後3時頃、県下一帯に雷雨と降ひょうが約5分間続き、収穫前の葉タバコに被害が出て約3割の減収となった。 続きを読む