昭和55年の冷夏

災害年月日
1980年07月00日
市町村
高知県
災害種類
その他(低温)  
概要
昭和55年(1980)7月、冷夏で農作物に被害。
Googleマップ
参考文献
高知新聞企業編「土佐国道事務所40年のあゆみ-人とまちと自然を結ぶ土佐の回廊-」(国土交通省四国地方整備局土佐国道事務所、2003年)、105頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
低温
NO.
高知4545

よく似た災害

昭和55年の低温

昭和55年(1980)7月~8月、晴天少なく冷夏で農作物が減収となった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)9月~10月、干害により阿波郡を中心として吉野川北岸で農作物に被害。(徳島気象台の記録による) 続きを読む

昭和58年の干ばつ

昭和58年(1983)7月22日~9月25日、旱害により、県下全域で農作物に被害大。中山の期間総雨量は82ミリで、中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む

昭和55年の冷夏・長雨

昭和55年(1980)7月~8月の冷夏と長雨は、観測史上まれに見るものであった。松山の7月の平均気温は平年より1.5℃低く、8月の平均気温は平年より2... 続きを読む

寛政3年の風雨

寛政3年(1791)7月、8月に大雨風があり、農作物に被害があった。前年は大干ばつで農作物の被害が甚大で、翌年も大干ばつと洪水が重なり、3年連続の被害... 続きを読む