昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月00日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月、台風10号が佐賀町付近に上陸、死者12人、行方不明1人、負傷491人の被害をもたらした。高知市内では久万川堤防が決壊した。被災写真が掲載されている。
Googleマップ
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「高知に生まれて50年」(建設省四国地方建設局高知工事事務所、1996年)、20頁
情報源の種類
写真集
キーワード
台風 死者 久万川 堤防決壊 写真
NO.
高知4551

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では河川堤防が決壊し、長期にわたり甚大な浸水被害をこうむった。この研究では、これまで不明確で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では河川堤防が決壊し、長期にわたり甚大な浸水被害をこうむった。しかし、河川堤防の場所や被害の... 続きを読む

大正12年の大雨

大正12年(1923)7月11日~12日、梅雨前線のため豪雨となり、県下の各河川は増水し、特に中予・南予に大きな被害をもたらした。温泉郡では重信川、石... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月、室戸に上陸した台風16号により、各所で高潮堤が決壊した。高知市仁井田では堤防約220mが決壊した。写真3枚。 続きを読む

平成10年の台風7号

平成10年(1998)9月22日の台風7号及び23日~25日の秋雨前線による豪雨のため、高知県内では物部川で警戒水位を越え、支川の片地川で堤防が決壊、... 続きを読む