文化12年の洪水

災害年月日
1815年08月00日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
文化12年(1815)7月、「亥の大変」を称される大洪水のため、かつて山田堰があった付近(現在の河口より9.8km付近)より下流の堤防の大半が決壊し、氾濫流は物部川の本川へは還らず、支川後川沿いの浜堤を押し切り海へと直接流れ出たと言われ、現在も南国市前浜に切戸という地名が残っている。
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・高知県編「物部川水系河川整備計画」(国土交通省四国地方整備局・高知県、2010年)、13頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
亥の大変 洪水 物部川 堤防決壊 切戸
NO.
高知4694

よく似た災害

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月21日、石手川の大洪水により、市坪は押し流され、数十戸が流失した。この時以来、市坪の集落は、少しでも高い所へと上流の現在地に移... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日より暴風雨うち続き、8日に至り物部川山田堰以南両岸の堤塘はほとんど全部決壊して、小田嶋以南はもちろん、西は五台山、東は吉... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から降り出した雨は22日夜より豪雨となって、重信川、砥部川、久谷川が増水した。その後、重信川堤防が決壊して奔流が堤防南... 続きを読む

天保8年の洪水

天保8年(1837)8月10日より大雨、11日大水出る。田野、浜田まで大浪が打ち込む。材木が残らず堀川へ打ち込み、あんこ堀より海へ流れ出る。(「世用日... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日~8日、洪水。「亥の大変」と言われる物部川水害の代表的なものである。「変事録」によると、この時、物部川の西岸の竹が鼻が決... 続きを読む