明治32年8月の台風

災害年月日
1899年08月00日
市町村
高知県香南市(吉川村)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)、暴風雨により、疾風豪雨が激しく、堤防決壊し、橋梁流失し、交通が全く途絶えた。(「吉川村史」による)
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・高知県編「物部川水系河川整備計画」(国土交通省四国地方整備局・高知県、2010年)、15頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 物部川 豪雨 堤防決壊 交通途絶
NO.
高知4700

よく似た災害

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)10月18日、大雨により財田川、柞田川が各所で決壊し、大洪水となった。観音寺坂本地区、駅通七間橋地区では数日浸水して交通が途絶え... 続きを読む

明治9年の台風

明治9年(1876)9月10日、暴風雨により、物部川の堤防が300間(545m)と105間(191m)の2箇所決壊、本流を咥内立田の間に移した。(「吉... 続きを読む

大正9年7月・8月の台風

大正9年(1920)7月24日及び8月16日、2回の台風による洪水のため、戸板島で決壊、家屋流失1戸、吉川村で堤防決壊164間。 続きを読む

明治34年の洪水

明治34年(1901)6月6日~8日、洪水により、丸和村で蒼社川決壊、桂川堤塘決壊、水田流失、龍岡村で堤防決壊180間余、橋梁流失2箇所。 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月8日、台風により、物部川の西岸竹が端の堤防約100間(182m)が決壊した。久枝方面の被害多く、吉川村の海岸近くでは畑地、水... 続きを読む