昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県室戸市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海道大地震(「理科年表」による)。室戸岬付近は約120cm隆起し、高知平野では沈降した。
Googleマップ
参考文献
吉川虎雄・貝塚爽平・太田陽子「土佐湾北東岸の海岸段丘と地殻変動」(日本地理学会編「地理学評論Vol.37-12」1964年)、14頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 理科年表 地盤隆起・地盤沈下
NO.
高知5084

よく似た災害

天武13年の南海地震

天武13年(684)10月4日、M8.4の南海道大地震(「理科年表」による)。室戸岬での1m程度の隆起と高知平野での沈降が起こった。 続きを読む

宝永4年の南海地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の南海道大地震(「理科年表」による)。室戸岬での1m程度の隆起と高知平野での沈降が起こった。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海道大地震(「理科年表」による)。室戸岬での1m程度の隆起と高知平野での沈降が起こった。 続きを読む

昭和21年の地震

昭和21年(1946)、M8.1の地震により、室戸半島は隆起し、高知平野は沈下した。 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)、M8.4の地震により、室戸半島は隆起し、高知平野は沈下した。 続きを読む