安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県南国市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、地震、津波が起こった。琴平神社拝殿前の玉垣には九基に分けて、地震、津波のことが刻まれている。なお、九基のうち三基は順番が入れ替わっているが、これは昭和21年の南海大地震で倒れ、立て直した時に入れ替わったのだろうと宮司が話してくれた。
Googleマップ
備考
南国市の琴平神社拝殿前の玉垣には九基に分けて、安政地震と津波のことが刻まれている。
参考画像
参考文献
武田勝「南国市における地震と津波の痕跡について」(土佐史談会編「土佐史談 第185号」1991年)、101頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政地震 津波 琴平神社
NO.
高知5259

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝、強い地震があり、さらに夕方、山鳴りとともに大地震が起きて、大きな山崩れが起こった。5日も大地震があり、余震が7日間続... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、南海大地震。寅の大変と呼ばれるもので、上ノ加江町史によると、4日9時頃の地震では川筋に潮が差し入る程度であったが、翌5日夕... 続きを読む

安政元年の南海地震による善徳の地すべり

安政元年(1854)、安政南海地震により、善徳の地すべりがあったと言われているが、記録に乏しく、その規模等の詳細は分かっていない。この研究では、過去の... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日~5日に東海、南海、西海にかけて、M8.4の大地震が起こり、大津波が押し寄せた。須崎の被害については、「徳永達助の記録」... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日~5日に東海、南海、西海にかけて、M8.4の大地震が起こり、大津波が押し寄せた。須崎の被害については、「徳永達助の記録」... 続きを読む