延享3年の加奈木崩壊

災害年月日
1746年00月00日
市町村
高知県室戸市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
延享3年(1746)、加奈木崩壊が最初に起こり、その後大崩壊が続いた。昭和21年の南海震災により新崩壊が発生し、降雨毎に川床は上昇し天井川をなし流路が一定せず、洪水時には河川、工作物及び耕作地、林野等に被害が及んだ。高知営林局では大正6年に治山工事に着手し、昭和39年を以て完工した。
Googleマップ
備考
佐喜浜川上流に治山工事に関する記念碑が建立されている。
参考画像
参考文献
高知営林局編「佐喜浜川の治山事業 施工記録」(高知営林局、1964年)、1-25頁
情報源の種類
事業誌
キーワード
加奈木崩壊 昭和南海地震 治山工事
NO.
高知5265

よく似た災害

延享3年の加奈木崩壊

image

延享3年(1746)、地震により、加奈木の大崩壊があった。大森の田畑50余町歩、人家30数件が一挙に押し流され、奥地区の中心地は河原と化したと伝えられ... 続きを読む

延享3年の加奈木崩れ

image

延享3年(1746)の豪雨(?)あるいは宝永4年(1707)の地震により加奈木崩れが発生したと考えられているが、その起源は明確ではなかった。崩壊地の地... 続きを読む

延享3年の加奈木崩れ

image

延享3年(1746)の地震を引き金として、加奈木崩れが発生したと言われるが、郷土資料によるとその真偽は疑わしく、それ以前から大崩壊はあったと考えるのが... 続きを読む

延享3年の加奈木崩れ

image

延享3年(1746)の豪雨災害あるいは宝永4年(1707)の地震の時に、加奈木崩れが発生したとされているが、それより数百年前に発生した可能性があるとの... 続きを読む

宝永4年の加奈木崩れ

image

宝永4年(1707)の地震あるいは延享3年(1746)の豪雨(?)により加奈木崩れが発生したと考えられているが、その起源は明確ではなかった。崩壊地の地... 続きを読む