平成4年の台風11号

災害年月日
1992年08月19日
市町村
高知県四万十川流域
災害種類
風水害  
概要
平成4年(1992)8月19日、台風11号により、半壊・床上浸水283戸、床下浸水158戸、浸水面積414ha。(四万十川の主な洪水の歴史による)/台風11号による総雨量は上流の船戸で828ミリ、下流の富山で628ミリ、山奈で409ミリを記録した。この洪水のピーク流量は具同で約9,400立米/秒を記録した。後川では秋田地点で計画高水位を上回り、観測史上最大の出水となった。
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、88頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 四万十川 後川 計画高水位
NO.
高知5386

よく似た災害

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、全壊・流失家屋40戸、半壊・床上浸水4,186戸、床下浸水896戸、浸水面積4,502ha。(四万十川... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月16日、台風5号により、全壊・流失家屋11戸、半壊・床上浸水520戸、床下浸水264戸、浸水面積4,160ha。(四万十川の... 続きを読む

平成13年の洪水

平成13年(2001)6月18日、梅雨前線による洪水のため、重信川流域の流量は出合地点で戦後最大の2,450立米/秒、湯渡地点で430立米/秒を記録し... 続きを読む

平成5年の台風7号

平成5年(1993)8月8日明け方から、台風7号により雨が降り出し、桜谷で時間雨量73ミリ、総雨量は400~800ミリに達した。古庄では、最大流量は1... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月7日~9日、台風18号による降雨のため、総雨量は吉野川上流長沢で318ミリ、早明浦で560ミリ、谷道で350ミリ、柳瀬で32... 続きを読む