昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月00日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月、台風5号により、仁淀川流域の出水で計画高水流量12,000立米/秒を上回る13,540立米/秒が観測され、一部破堤したのをはじめ、各地で漏水、のり崩れが発生し、支川沿川では未曾有の内水被害が発生した。
Googleマップ
参考文献
鈴木幸一「四国における自然災害 洪水」(土質工学会編「土と基礎Vol.39-9」土質工学会、1991年、所収)、60頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 仁淀川 洪水 破堤 内水被害
NO.
高知5441

よく似た災害

昭和36年の台風17号

image

昭和36年(1961)9月3日~4日、台風17号により、小豆島を中心に大雨が降った。内海町の内海ダムが崩壊したのをはじめ、130箇所の土石流を含めた土... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、全壊・流失家屋40戸、半壊・床上浸水4,186戸、床下浸水896戸、浸水面積4,502ha。(四万十川... 続きを読む

昭和38年の台風2号

昭和38年(1963)6月2日~4日、台風2号により前線が活発になり、香川県内でも、大雨のため各地で溜池の堤防決壊を生じた。坂出市府中町の野峯池の決壊... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号は土佐湾一帯に激甚な高潮災害をもたらした。浦戸湾では海岸堤防の決壊及び高潮の越流による浸水などで死者を出し... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による豪雨のため、仁淀川の支川で氾濫や内水被害が起こったほか、仁淀川本川では伊野町の水位が戦後最大のT.P.... 続きを読む