昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年00月00日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)、室戸台風。空前の強風が吹き、家屋の半壊倒壊、屋根瓦飛散、船舶の損傷多く、葉たばこの被害甚大。
Googleマップ
参考文献
大石修一編「奥浦誌」(奥浦部落、2006年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風
NO.
徳島1716

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が瀬戸内海を通過し、波止浜での最大風速は30.5mを記録した。玉川町内では家屋の全半壊13戸、破損348戸... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸し、高知県では死者122人、負傷者508人、家屋・船舶の被害が甚大であった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日の室戸台風により、死者9人、行方不明8人、家屋の全壊210戸、浸水2,544戸、船舶の沈没17隻、流失100隻、半壊91... 続きを読む

昭和29年の台風

昭和29年(1954)9月の台風により、本村被害甚大。家屋の全壊7軒、半壊8軒、その他学校民家の屋根瓦の飛散多数、稲作、村有林倒木等の被害があった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、室戸台風が室戸岬の西方に上陸した。この時の中心気圧は911.9ミリバールで、世界記録を破った強烈な台風であっ... 続きを読む