明治35年の台風

災害年月日
1902年09月07日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
風水害  高潮  
概要
明治35年(1902)9月7日、台風が四国南方を北西に進んで宮崎県から山口県に抜けた。高潮被害が大きく、剣山の南斜面で300ミリの雨が降った。那賀川町では、那賀川が増水し、今津、平島の海岸堤防が破壊するなど被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 上巻」(那賀川町、2002年)、879-880頁及び894頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 今津 平島 海岸堤防破壊
NO.
徳島1914

よく似た災害

昭和9年9月の台風

昭和9年(1934)9月、台風により、那賀川上流山地に多くの雨が降り続き、河川が増水し、道路、護岸が決壊した。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀... 続きを読む

昭和9年9月の台風

昭和9年(1934)9月、台風により、那賀川上流山地に多くの雨が降り続き、河川が増水し、道路、護岸が決壊した。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀... 続きを読む

明治32年6月の台風

明治32年(1899)6月8日6時、台風が北九州に上陸した。徳島県では200ミリ内外の大雨が降った。7日の雨量は和食283ミリ、徳島219ミリ、小松島... 続きを読む

明治32年6月の台風

明治32年(1899)6月8日6時、台風が北九州に上陸した。徳島県では200ミリ内外の大雨が降った。7日の雨量は和食283ミリ、徳島219ミリ、小松島... 続きを読む

明治32年6月の台風

明治32年(1899)6月8日6時、台風が北九州に上陸した。徳島県では200ミリ内外の大雨が降った。7日の雨量は和食283ミリ、徳島219ミリ、小松島... 続きを読む