明治44年の台風

災害年月日
1911年08月15日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)8月11日、台風が愛媛県北西部を回り込んで若狭湾から日本海に抜けた。那賀川の水位は19.5尺(約6m)で、岡川とともに崩壊したと報じられている。今津浦村野色ヶ島・江野島が大きな侵食被害を受け、村民は堤防工事の不完全の責任について役所に押しかけた。この洪水は、後に土佐水と呼ばれた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 上巻」(那賀川町、2002年)、879-880頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 那賀川決壊 岡川決壊 堤防侵食 土佐水
NO.
徳島1942

よく似た災害

明治21年の洪水

明治21年(1888)7月21日、吉野川大洪水で、藍畑村の西覚円・西条・知恵島の堤防決壊、死者26人、流失家屋188戸、田畑100町歩の被害を受けた。... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む

昭和31年の台風15号

昭和31年(1956)9月25日、台風15号により、物部川は観測開始以来の大増水となり、山田堰も被害を受けた。被害状況と復旧工事の様子を示す写真が掲載... 続きを読む

明治27年の干ばつ

image

明治27年(1894)、干ばつのため、135日間降雨が皆無であった。この後も数回干ばつの被害を受け、満濃池では堤防を3尺嵩上げするための工事が明治38... 続きを読む

明治3年の台風

明治3年(1870)5月18日、大暴風雨が襲来し、堀川左岸堤防が決壊して大新田村に浸水し大被害を受けた。そこで代官所手代が指揮者となり、復旧工事に行い... 続きを読む