昭和24年の梅雨前線・デラ台風

災害年月日
1949年06月15日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和24年(1949)6月15日から梅雨前線により雨が降り、21日のデラ台風の接近によりさらに大雨となった。被害は県南で多く、交通路の寸断や耕地の冠水などに及び、那賀川では木材の流失の被害が大きかった。流木は洪水時には通常食い止める設備のある左岸に沿って流れるが、この時には風がなかったため食い止める設備のない右岸に沿って流れ、20万石を流失させた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 上巻」(那賀川町、2002年)、879頁及び882-883頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 デラ台風 那賀川 木材流失
NO.
徳島1996

よく似た災害

平成30年7月の梅雨前線による大雨

平成30年(2018)7月、梅雨前線の降雨により、国道56号では斜面崩壊や土砂流出などが発生し、7日より宇和島市高串~西予市宇和町伊賀上間13.5km... 続きを読む

明治18年7月の洪水

明治18年(1885)7月1日、東西覚円村界の堤防は一時余程危なかりしも、防御に手抜かりなかりしかば漸く食い止める。(「普通新聞」による) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月21日、森本堤防に突き当たった水は内田の小川堰堤を決壊し、造田小学校運動場を洗ったが、三本松から学校までの二重堤防で防ぎ大事に... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月13日から10月3日までの雨量は、7月192.7ミリ、8月12ミリ、9月10ミリであった。井戸は涸れ、水道は時間給水となり、... 続きを読む

昭和36年の梅雨前線豪雨

昭和36年(1961)6月24日15時頃から、梅雨前線による豪雨が始まり25日朝まで続き、宍喰では644ミリの記録的大雨となった。24日~29日の宍喰... 続きを読む