天明7年の長雨

災害年月日
1787年05月04日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
天明7年(1787)3月17日から4月6日まで雨が降り、大飢饉となる。(「兵助日記」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1062頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 兵助日記
NO.
徳島2083

よく似た災害

天明7年の長雨・豪雨

天明7年(1787)3月より長雨が降り続き、4月25日には豪雨があり、大洪水となった。数年来打ち続く不作の上に、決定的な打撃を受けて大飢饉を招いた。諸... 続きを読む

天明3年の洪水

天明3年(1783)、大暴風雨により洪水が起こる。天明3年から7年まで天災が相次ぎ、大飢饉となる。 続きを読む

天明6年4月の洪水

天明6年(1786)4月28日、大洪水、これより引き続き飢饉になる。(「兵助日記」による) 続きを読む

天明7年の長雨

天明7年(1787)3月より雨が降り、5月20日まで長雨となった。このため、川内村では麦が極めて減収となった。 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)4月23日から27日まで大水、中須賀、その余の島の芋、秋毛残らず流失。(「兵助日記」による) 続きを読む