明治15年の洪水

災害年月日
1882年00月00日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
風水害  
概要
明治15年(1882)、現在の那賀川橋北岸下流で、湊屋切れと破堤が起こった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 上巻」(那賀川町、2002年)、893頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 那賀川 湊屋切れ 堤防決壊
NO.
徳島2098

よく似た災害

明治11年の水論

image

明治11年(1878)、船岡池の上下流の農民に水論が起こった。明治13年に大審院の判決が下って、下流の者が敗訴となった。 続きを読む

明治23年8月の洪水

明治23年(1890)8月、那賀川下流で南島と柳島の堤150mが切れ、中野島全村水没、家屋10戸流失、死者数人。 続きを読む

明治32年7月の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川及び別宮川で洪水による被害が起こった。被害が最も大きかったのは徳命村で、別宮川の破堤が205間に及び、残った堤防... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、県下で大干害が起こった。 続きを読む

明治26年の水論

明治26年(1893)6月・7月の干天により用水不足となったため、下流の村々から八田村に対して水車用堰の撤去を求めた。しかし、八田村が応じなかったため... 続きを読む