嘉永2年の洪水

災害年月日
1849年08月27日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月10日、酉の水。北方でいう阿呆水であるが、北方ほどの大被害はなかった。那賀川町工地や上福井に水入地や浸水があった程度である。しかし、町内では古毛方面の堤防が破壊されて近くの集落を濁流が覆い、田畑への砂入や道路の崩壊があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 自然環境編」(羽ノ浦町、1996年)、140頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
酉の水 阿呆水 工地 上福井 堤防破壊
NO.
徳島2196

よく似た災害

嘉永2年の酉の水

嘉永2年(1849)7月15日より数日、霖雨が降り続き、榎瀬村では川の堤防が破壊され村内一円が浸水した。酉の大水と言う。 続きを読む

寛保3年の洪水

寛保3年(1743)、中山川の出水により来見字柳原の堤防154間が破壊され、人畜の流失は悲惨であった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

嘉永2年の酉の水

嘉永2年(1849)7月8日~11日の大雨は、酉の水または阿房水と呼ばれている(「徳島県災異誌」)。那賀川北岸の羽ノ浦では、万代堤が破壊され、濁流が田... 続きを読む

明治21年の台風

明治21年(1888)8月30日、台風が徳島県を通過し、海岸部で高潮が発生した。坂野村の海岸で堤防が破壊された。県内で死者51名。稲作被害大であった。... 続きを読む

万治元年の洪水

万治元年(1658)、洪水により、中村の岩崎堤防が破壊された。 続きを読む