明治6年の洪水

災害年月日
1873年10月03日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)10月3日、洪水により明見~岩脇間の堤防が決壊した。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 自然環境編」(羽ノ浦町、1996年)、140頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防決壊 明見 岩脇
NO.
徳島2240

よく似た災害

明治19年の洪水

明治19年(1886)、洪水により仁淀川の堤防が決壊した。(「西分村史」による) 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月、洪水により、石井町西覚円付近の堤防が決壊した。 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、洪水により広島裏の手の堤防及び笹木野北地弁蔵前の堤防が決壊した。洪水防御のため、住吉新田の農民が出役した。 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大洪水により物部川西岸にも被害があったが、東岸佐古村では父養寺字土居ノ下よりツバヤ間の堤防が決壊した。 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大洪水により物部川の両岸数箇所が大被害を受け、佐古村では父養寺字土居ノ下よりツバヤ間の堤防が決壊した。 続きを読む