昭和20年の真光寺の火災

災害年月日
1945年01月29日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
火災  
概要
昭和20年(1945)1月29日夜8時、真光寺本堂で火災が発生した。この火災で、疎開中の大阪市北区南恩加島国民学校3・4年生29人中、16人が焼死した。当時は大人は一人もおらず、火事を知った児童は逃げようとしたものの、寺の雨戸は中々開かず、勝手も分からず逃げ遅れて窒息死したようである。出火の原因として漏電説があったが、結局は不明確であった。(「美馬郡郷土誌」による)
Googleマップ
備考
真光寺には十六地蔵尊が建立されている。また、貞光小学校には、平成17年に南恩加島小学校から寄贈された「十六地蔵尊に由来する平和を願う鐘」が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
貞光町史編集委員会編「貞光町史」(貞光町、1965年)、1110頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 真光寺 疎開児童 焼死
NO.
徳島2324

よく似た災害

昭和20年の真光寺の火災

image

昭和20年(1945)1月29日、貞光町の真光寺で火災が発生し、大阪から疎開していた児童15人が焼死。 続きを読む

平成19年の船戸の火災

平成19年(2007)3月1日午前3時頃、船戸で店舗兼民家から出火し、家屋2棟を全焼、隣接する民家とスーパーマーケットを部分焼した。出火箇所は店舗内の... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日昼過ぎに大地震が起こり、「万変記」によると、当日から翌日にかけて11、2回の大津波が襲ったようである。羽根では正午頃俄に... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日に地震が、5日には大地震と大津波が起こった。田井税伯「震潮記」には、このような場合には決して船に乗ってはならない、船に乗... 続きを読む

昭和35年の火災

昭和35年(1960)3月28日、東土居の豊永駅前で大火が発生し、26戸が全半焼した。火災の原因は、火災保険金詐取のための放火であったことが、後日警察... 続きを読む