万治元年の洪水

災害年月日
1658年08月31日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
万治元年(1658)8月3日辰刻(午前8時頃)より阿波国で大風雨のため海岸に近い田畑が被害を受けた。18日夜に雨、19日晩から21日まで大風雨となり、洪水により田畑が被害を受けた。(「阿淡年表秘録」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 歴史編第一巻」(羽ノ浦町、1998年)、571頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 阿淡年表秘録
NO.
徳島2443

よく似た災害

文化12年の大雨

文化12年(1815)7月6日晩より9日まで大雨、雷鳴り、7日土砂崩れにより家が埋まった。また、8月9日には山津波により田が被害を受けたが、いずれも人... 続きを読む

昭和22年の台風

昭和22年(1947)7月9日、台風が来襲し、集中豪雨により田畑が被害を受ける。 続きを読む

大正9年7月の洪水

大正9年(1920)7月29日、一本松村で大洪水となり、田畑の流失68町歩、死者1人の被害が出た。一本松村では、大正2年(1913)の洪水で被害を受け... 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)9月14日、台風により、海岸の田畑が浸水し、1,500円の作物被害を受けた。 続きを読む

万治元年の風雨

万治元年(1658)8月19日、20日、幡多郡に大風雨、洪水があり、被害は損田8,000余石、流死男女12人、流家347軒、潰家684軒に及んだ。 続きを読む