天保14年の洪水

災害年月日
1843年00月00日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
天保14年(1843)秋、那賀川で大水で被害が出て以後、度々の出水により修復が十分ではなく、堤、道路、橋等の破損、家の流失・倒壊、倒木、死人、牛馬流失が多かった。(「阿淡路年表秘録」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 歴史編第一巻」(羽ノ浦町、1998年)、572頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 那賀川 死者 阿淡年表秘録
NO.
徳島2490

よく似た災害

明和9年の洪水

明和9年(1772)8月20日~21日、阿波国で風雨、洪水のため、117,981石余が損亡、流死86人、流死牛馬31匹、流失家70軒、厩・牛舎の倒壊9... 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日、阿波国で洪水のため、83,375石余が損亡、潰家311間、溺死1人、流死牛馬6匹。(「阿淡路年表秘録」による) 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月、洪水。「度々出水により修復十分になく、堤・道路・橋等破損、家の流失・倒壊・死人・牛馬流失多数」という記録があり、度重なる洪水... 続きを読む

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月8日~11日、風雨により那賀川筋が増水。(「阿淡路年表秘録」による) 続きを読む

弘化4年の大雨

弘化4年(1847)8月13日~14日、大雨により那賀川筋が増水。(「阿淡路年表秘録」による) 続きを読む