昭和24年のデラ台風

災害年月日
1949年06月21日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
昭和24年(1949)6月21日、梅雨前線が北上して太平洋に降らせた雨に、九州を縦断して日本海に入ったデラ台風の雨が加わった。那賀川北岸の堤防が決壊したほか、福井でも死者1人、床上浸水13戸、流失田畑71町歩等の被害があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第4巻」(阿南市、2007年)、601頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
デラ台風 梅雨前線 那賀川 堤防決壊 死者
NO.
徳島2575

よく似た災害

明治45年の洪水

明治45年(1912)、重信川北岸堤防が決壊し、龍沢泉が埋没した。(東温市の水利年表) 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により園瀬川の堤防が決壊して、ジェーン台風の時と同じだけの水が来た。論田でも勝浦川の堤防が決壊して、産業... 続きを読む

昭和25年のジェーン台風

昭和25年(1950)9月1日~3日、ジェーン台風により徳島の1日降水量最大241.5ミリ、最大風速29.3mに達した。園瀬川北岸の法花大橋の上流際堤... 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月17日、大洪水により、常通寺島野藤ノ宮で堤防が決壊、続いて岩瀬川の堤防が決壊し、国分川の濁流は岩瀬川から江村を襲い、一本セン... 続きを読む

享保9年9月の高潮

享保9年(1724)9月、高潮により、大三島の島内241箇所の海岸の堤防が決壊した。 続きを読む