昭和33年の大雨

災害年月日
1958年10月18日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
昭和33年(1958)10月18日、低気圧による大雨。県南河川氾濫、刈り取り期の稲穂が流出し、死者が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第4巻」(阿南市、2007年)、600頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
低気圧 大雨 死者
NO.
徳島2608

よく似た災害

昭和33年10月の大雨

昭和33年(1958)10月18日、低気圧が四国の南岸沿いに東進し、高知から和歌山間で短時間の大雨となった。徳島県では18日朝、日野谷で328ミリ、川... 続きを読む

昭和33年10月の大雨

昭和33年(1958)10月18日、低気圧が四国の南岸沿いに東進し、高知から和歌山間で短時間の大雨となった。徳島県では18日朝、日野谷で328ミリ、川... 続きを読む

昭和33年10月の大雨

昭和33年(1958)10月18日、低気圧が四国の南岸沿いに東進し、高知から和歌山間で短時間の大雨となった。徳島県では18日朝、日野谷で328ミリ、川... 続きを読む

昭和9年6月の台風

昭和9年(1934)6月6日、大風により刈り取り直前の麦の倒伏に加えて、タバコ、梨に大きな被害が出た。 続きを読む

昭和28年の大雨

昭和28年(1953)6月7日~8日、梅雨の大雨による増水で、刈り取った麦が流された。残った麦も穂発芽をして、収穫皆無となった。 続きを読む