昭和60年の洪水

災害年月日
1985年06月21日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
昭和60年(1985)6月21日~25日、梅雨前線により、打樋川の見能林~中村で護岸損壊。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第4巻」(阿南市、2007年)、600頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 打樋川
NO.
徳島2624

よく似た災害

昭和60年6月の大雨

昭和60年(1985)6月21日~25日、四国南岸の梅雨前線上を低気圧が次々と通過して、那賀川流域を中心に雨が降り続いた。総降水量は木頭村で335ミリ... 続きを読む

昭和60年6月の大雨

昭和60年(1985)6月21日~25日、四国南岸の梅雨前線上を低気圧が次々と通過して、那賀川流域を中心に雨が降り続いた。総降水量は木頭村で335ミリ... 続きを読む

安政4年の八朔水

安政4年(1857)8月1日の水害は、吉野川流域では大被害を生じ、八朔水と呼ばれているが(「徳島県災異誌」)、阿南地方ではさほどの被害をもたらさなかっ... 続きを読む

平成12年6月27日の大雨

平成12年(2000)6月27日~28日、梅雨前線による大雨・洪水のため、宿毛で床下浸水38戸、山・崖崩れ5箇所、道路損壊8箇所、河川護岸損壊4箇所。... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)7月1日からの大風雨で、6日、7日は前代未聞の洪水となり、七夕水と名付けられた。那賀川の洪水は大きく、桑野川の堤防が富岡の下で切れ... 続きを読む