天保14年の風水害

災害年月日
1843年06月18日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
天保14年(1843)は、小松島市櫛渕町の伊勢家の先祖の「茂信君日記」によれば、5月21日、7月上旬、8月下旬から9月上旬にかけて三回の大水があった。7月上旬に洪水を引き起こした大雨は、7日前後に特に激しかったので、七夕水の別名がある。勝浦川筋や徳島城下周辺では破堤や浸水が起こったが、那賀川筋では被災の記録は見出せない。9月上旬の出水では、那賀川筋でも破堤や浸水が起こった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第2巻」(阿南市、1995年)、370頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
出水 茂信君日記 七夕水 那賀川 破堤
NO.
徳島2641

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)6月27日、台風により、那賀川筋で破堤あり。(「羽ノ浦町史」による)(那賀川における災害年表) 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)6月27日、台風により、那賀川筋で破堤あり。(「羽ノ浦町史」による)(那賀川における災害年表) 続きを読む

明治15年の洪水

明治15年(1882)、現在の那賀川橋北岸下流で、湊屋切れと破堤が起こった。 続きを読む

昭和6年6月の大雨

昭和6年(1931)6月12日、二つ玉低気圧の通過による大雨で、特に那賀川上流で雨量は100~200ミリとなり、橋の流出・損傷や浸水家屋が出た。なお、... 続きを読む

昭和6年6月の大雨

昭和6年(1931)6月12日、二つ玉低気圧の通過による大雨で、特に那賀川上流で雨量は100~200ミリとなり、橋の流出・損傷や浸水家屋が出た。なお、... 続きを読む