享保3年の火災

災害年月日
1718年11月00日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
火災  
概要
享保3年(1718)10月、橘浦で11戸が焼失し、家族52人が飢えに苦しんでいるので、次左衛門が米一石を出して救助した。(「橘浦村史」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第2巻」(阿南市、1995年)、386頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 橘浦
NO.
徳島2649

よく似た災害

寛文2年の火災

寛文2年(1662)、壬生川村で火災があり、庄屋与左衛門の居宅・土蔵まで類焼して重要書類を焼失したという記録がある。 続きを読む

享保17年の火災

享保17年(1732)閏5月12日、城下裏町1丁目から出火、侍屋敷37軒、無足屋敷23軒、町屋334軒、寺2軒を焼失し、死者8人を出した。(大洲領の災... 続きを読む

明治40年の火災

明治40年(1907)9月18日、那賀郡橘浦村(阿南市)で大火災があり、200余戸を焼失、被害は20万円に及んだ。(「富岡警察署沿革誌」による) 続きを読む

延宝6年の干ばつ

image

延宝6年(1678)、野間郡代官の吉田杢左衛門が加茂社で雨乞い。(「松山叢談」による) 続きを読む

文化14年の干ばつ

image

文化14年(1817)、大干ばつ。岡田の大庄屋・木村又左衛門が打越下池の新築を請願した。(「木村家文書」による) 続きを読む