嘉永6年の火災

災害年月日
1854年01月19日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
火災  
概要
嘉永6年(1853)12月21日、石仏村で火事が発生し、7軒が焼けた。(「北谷繁蔵記録」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第2巻」(阿南市、1995年)、386頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 石仏村 北谷繁蔵記録
NO.
徳島2652

よく似た災害

安政4年の風害

安政4年(1857)7月1日午前8時頃より11時頃まで、大風が吹き荒れ、大木が倒れ、家は屋根を吹き飛ばされ、平野部、山間部を問わず大きな被害を受けた。... 続きを読む

万延元年の高潮

万延元年(1860)7月28日、北谷繁蔵記録によると「浪高で海辺はことのほか大痛み」と記され、高潮が襲来したらしい。このため、橘や鵠の土手が残らず崩れ... 続きを読む

宝暦6年の火災

宝暦6年(1756)12月11日夜五ツ時(午後8時)、法恩寺で火事があり、西風にあおられ、家30軒が焼けた。 続きを読む

天保6年の火災

天保6年(1835)、美馬郡脇町の本町で火事が発生し、29軒が焼失した。(「脇町誌」による) 続きを読む

寛保2年の火災

寛保2年(1742)1月12日夜、浮津で火災が発生し、室津浦に延焼した。この火災で、室津112軒、浮津170軒の合計282軒が焼失。(久保野家の記録に... 続きを読む