昭和36年の火災

災害年月日
1961年00月00日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
火災  
概要
昭和36年(1961)、椿で火災。真珠工場より出火、山に延焼。阿南市域の多くの消防車が集合し、未曾有の防火体制となる。作業場1棟、家屋2棟、山林100ha焼失。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編集委員会編「阿南市史」(阿南市、1967年)、395頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 椿
NO.
徳島2697

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、梅雨入りから雨降らず、未曾有の大干ばつとなった。 続きを読む

昭和8年の雪

昭和8年(1933)11月12日の降雪は、未曾有の早雪であった。 続きを読む

享保12年の火災

享保12年(1727)2月1日午の下刻(13時)城西・越前町・伊野辺方より出火、西南烈風にあおられ火は東方に延び、高知城の本丸にまで延焼した。1日の焼... 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、台風により、勝浦川、鮎喰川では未曾有の大洪水となった。山崩れも発生した。 続きを読む

明治21年の山崩れ

image

明治21年(1888)、神宮寺からの山水が地層にしみ込んで大亀裂を始めた。神宮寺の半鐘が鳴って、大勢が集合して防御工事をしたため、大事には至らなかった... 続きを読む