天保7年の台風

災害年月日
1836年08月17日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)7月6日昼から大暴風となり、夜12時に止み、西の風に変わってから明け方まで続き、稲は全部白穂になった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中野島小学校編「中野島の姿 第一輯」(中野島小学校、1951年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2718

よく似た災害

天保6年の風雨

天保6年(1835)夏秋の頃、雨甚だしく、210日は東の大風が吹き荒れ、後になって西風となり吹き返し、稲毛は全部白穂になって収穫皆無となった所が多かっ... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、三豊平野の稲穂は一夜のうちに白穂に変わった。収穫は皆無に近かった。 続きを読む

天保6年の風雨

天保6年(1835)夏秋の頃、霖雨甚だしく、二百十日は東の風大いに吹き荒れ、後になって西風となり吹き返し、そのため稲毛全部白穂となる。 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、九州のはるか南方から北上を続けた台風が大隅半島へ上陸して、北九州を通過し、朝鮮東岸に沿って進んだ。日和佐町内では、ちょう... 続きを読む

平成21年の台風18号

平成21年(2009)10月8日明け方までに、台風18号が四国の南海上を通過し、暴風のため本町で停電が起こった。8日午前にすべて復旧した。 続きを読む