安政7年の洪水

災害年月日
1860年08月27日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
安政7年(1860)7月11日及び28日に大水があり、海岸地帯は波が高く被害が大きかった。那賀川筋の土手は残らず切れ、見能林方面も田に海水が入り、稲の収穫は皆無となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中野島小学校編「中野島の姿 第一輯」(中野島小学校、1951年)、17頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 高波 那賀川 堤防決壊 見能林
NO.
徳島2722

よく似た災害

明治19年の洪水

明治19年(1886)秋、和泉の土手が3.6kmにわたって壊れ、余土の土手も4箇所壊れて、水が余土地区に流れ込んだ。家も田も浸水し、3日~4日水が引か... 続きを読む

安政4年の八朔水

安政4年(1857)8月1日の水害は、吉野川流域では大被害を生じ、八朔水と呼ばれているが(「徳島県災異誌」)、阿南地方ではさほどの被害をもたらさなかっ... 続きを読む

宝暦7年7月の洪水

宝暦7年(1757)7月26日、田野浦の町中に水入り、宝暦元年の水より1尺余増えた。家や古蔵の瓦は吹き散り、潰れた家は10軒に達した。新町に波が打ち込... 続きを読む

安政6年6月13日の洪水

安政6年(1859)6月13日、大水により中須賀残らず水入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

安政5年の洪水

安政5年(1858)6月28日~29日、大水により中須賀に残らず水入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む