明治3年の台風

災害年月日
1870年09月30日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  高潮  
概要
明治3年(1870)9月6日から台風のため風雨が強く、11日に勝浦川の堤防が決壊した。元根井など海岸部は、高潮の被害を受け、内陸部の外開・北開から中田山路端まで潮が入った。横須のお玉井利も被害も受け、日開野、芝生、田野、金磯の各新田にも潮が入り、稲作に大きな被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、515頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 勝浦川 堤防決壊 高潮 塩害
NO.
徳島2771

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、大地震により上下左右に揺れ、翌朝まで10回余りの大津波が襲来した。安芸郡の被害は甚大で、甲浦では潮が山際まで入り、白浜、生実では... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風による高潮のため、川北・川南地区の低地部に海水が氾濫し、床上・床下浸水が市内目抜き通りの繁華街を含め川北... 続きを読む

宝永地震による津波

宝永4年(1707)の地震により、八幡神社(新浜本町2丁目)の馬場まで潮が来た。(「嘉永七年大地震之記」による) 続きを読む

宝暦10年の台風

宝暦10年(1760)9月10日夜から11日にかけて大風、大浪。22日夜より大風雨、23日夜8ツ時(午前2時頃)より大洪水のため、田野の町中では庭まで... 続きを読む

明治34年7月の洪水

明治34年(1901)7月15日、前日来の雨降り止まず、再び過日決壊した横河原の西堤防より大水が入った。見奈良、田窪を襲い、鉄道を所々破壊した。この出... 続きを読む