明治6年の洪水

災害年月日
1873年10月02日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)10月2日、大風雨により那賀川の堤防が羽ノ浦村で決壊し、洪水が発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、515頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 那賀川 堤防決壊
NO.
徳島2773

よく似た災害

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月7日、那賀川の堤防が平島村から羽ノ浦村にかけて180m余決壊し、洪水となった。 続きを読む

明治17年8月11日の洪水

明治17年(1884)6月28日、暴風雨のため那賀川流域で堤防が決壊し、洪水が発生した。 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月7日と18日、那賀川下流の平島村西原から羽ノ浦町古庄の堤防が決壊。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、洪水により仁淀川の堤防が森山村で101間、弘岡上ノ村で20間決壊した。(「西分村史」による) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、大雨が続き、洪水が発生した。財田川は、江藤墓地の半ばより下手約100mの堤防が決壊し、濁流により老人2人の犠牲者が出た... 続きを読む