明治17年8月11日の洪水

災害年月日
1884年06月28日
市町村
徳島県那賀川流域
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)6月28日、暴風雨のため那賀川流域で堤防が決壊し、洪水が発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、516頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 那賀川 堤防決壊
NO.
徳島2776

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月、洪水により、鴨島町で堤防が決壊した。 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、大風雨により那賀川の堤防が羽ノ浦村で決壊し、洪水が発生した。 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月、洪水により、上板町六条で堤防が決壊した。 続きを読む

明治25年5月の洪水

明治25年(1892)5月23日午後から大雨となり、23時頃から風雨が強まった。勝浦川は、満潮と重なり、各所で堤防が決壊し、橋が流されるなどの被害が発... 続きを読む

安政4年の八朔水

安政4年(1857)8月1日、吉野川流域で50年来の大水(八朔水)が発生した。旧吉野川堤防が決壊し大水害となり、三好郡池田町でも相当の被害があった。 続きを読む