明治17年8月26日の台風

災害年月日
1884年08月26日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月26日、台風が九州、中国を横断し、日本海から東北に再上陸し、全国的に被害が甚大であった。徳島県では25日18時から暴風雨が激しく、26日2時まで続いた。各河川で堤防が決壊し、稲作は白穂となり、被害は甚大であった。坂野村誌は「大風雨二百十日前後、稲毛皆無時に白穂という」と伝えている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、516-517頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊 坂野村誌
NO.
徳島2777

よく似た災害

明治6年の台風

明治6年(1873)6月30日より7月7日まで暴風雨が続き、各河川の氾濫は甚大であった。中山川でも川筋から海岸にかけての堤防の大修繕を要することになっ... 続きを読む

昭和20年9月の台風

昭和20年(1945)9月18日未明、暴風雨により、役場のセンダン、学校のヤナギが倒壊し、稲穂は白穂となり、電話は不通となった。(比地二村役場「日誌簿... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が決壊し、人家や田畑が流出するなど被害は甚大であった。下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半壊13... 続きを読む

昭和12年の風雨

昭和12年(1937)9月8日から10日にかけて雨が続き、11日午前7時には風速35mの強風となった。繭集荷場と桑村の納屋が全壊した。水稲は出穂直後の... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が破られ、人家、田畑を押し流され、被害は甚大であった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰1... 続きを読む