明治19年の台風

災害年月日
1886年09月11日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月11日、台風により四国で風雨。吉野川で洪水が発生し、水死者6名。稲作の被害大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、517頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2778

よく似た災害

明治21年の台風

明治21年(1888)8月30日、台風が徳島県を通過し、海岸部で高潮が発生した。坂野村の海岸で堤防が破壊された。県内で死者51名。稲作被害大であった。... 続きを読む

明治17年8月25日の洪水

明治17年(1884)8月25日、吉野川で洪水が発生。下庄ほか3村で、米作被害22町歩平年作の2分被害、家屋倒壊10軒。(栄村役場「水害に関する書類」... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月23日~9月1日まで135日間干天続き、稲作の被害大。 続きを読む

明治33年の台風

明治33年(1900)8月19日、暴風雨、被害大であった。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月11日、吉野川で洪水が発生。下庄で倒壊・流失家屋20戸、半壊14戸、西中富で流失1戸、半壊8戸、古城で半壊4戸、中窪で流失潰... 続きを読む