明治22年の台風

災害年月日
1889年08月18日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
明治22年(1889)8月18日、台風が四国中央部を北上した。徳島県での稲作被害は大きかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、517頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2781

よく似た災害

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風が鹿児島県に上陸し、九州を北上した。雨量は少なかったが、稲の開花期に当たりカラ風のため、明治32年以来の大被害となっ... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、台風が土佐東部をかすめて北上した。雨量は伊野で234ミリ、別府448ミリ、長者380ミリで、被害は大きかった。(「高知... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風による大雨で、山地での日雨量は400ミリを越した。西部の被害は大きかった。須崎の雨量200~300ミリ、梼原37... 続きを読む

昭和33年の台風17号

昭和33年(1958)8月25日、台風17号が紀伊水道から和歌山県に上陸し、大雨のため、三重県、愛知県で被害が大きかったが、徳島県の被害は軽微であった... 続きを読む

明治43年5月の台風

明治43年(1910)5月10日~11日、台風のため、和歌山や香川では被害が大きかったが、徳島では降雨時間が短かったため被害は軽かった。 続きを読む