明治25年5月の洪水

災害年月日
1892年05月23日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)5月23日午後から大雨となり、23時頃から風雨が強まった。勝浦川は、満潮と重なり、各所で堤防が決壊し、橋が流されるなどの被害が発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、517頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 勝浦川 満潮 堤防決壊
NO.
徳島2782

よく似た災害

明治17年8月11日の洪水

明治17年(1884)6月28日、暴風雨のため那賀川流域で堤防が決壊し、洪水が発生した。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月5日~7日豪雨が続き、大洪水となり、各所で堤防が決壊し、田畑・人家の流失多く、被害甚大。 続きを読む

明治32年9月の洪水

明治32年(1899)9月21日、台風により、仁淀川は洪水となり、高岡堤防が1,000mにわたって決壊し、9橋が流失した。また、波川の千本杉堤防も決壊... 続きを読む

明治29年8月の台風

明治29年(1896)8月30日の暴風雨で、阿讃山脈南斜面の降雨量は132ミリとなり、大谷川が氾濫、午前4時頃、現在の役場付近から南へ約540mの堤防... 続きを読む

昭和9年9月の洪水

昭和9年(1934)9月5日、暴風雨による洪水のため、堤防が決壊し、橋が流失した。 続きを読む