明治32年7月の台風

災害年月日
1899年07月08日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)7月8日、台風が鹿児島県に上陸し、ゆっくり北上した。8日からの2日間の雨量は、小松島で274ミリであったが、勝浦川上流では特に多く、勝浦川流域で死者は5名となった。勝浦川は、江田村で堤防が決壊し、大洪水に見舞われた。神田瀬川が本流と化し、神代橋が半壊した。
Googleマップ
備考
小松島市前原町の勝浦川右岸堤防上に「勝浦修堤碑」が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、519頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 勝浦川 死者 堤防決壊 神田瀬川
NO.
徳島2786

よく似た災害

明治17年8月11日の洪水

明治17年(1884)6月28日、暴風雨のため那賀川流域で堤防が決壊し、洪水が発生した。 続きを読む

明治25年5月の洪水

明治25年(1892)5月23日午後から大雨となり、23時頃から風雨が強まった。勝浦川は、満潮と重なり、各所で堤防が決壊し、橋が流されるなどの被害が発... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月8日、9日、暴風雨により、吉野川大洪水。県西地方では「銅山川流れ」あり、県下農作物は3割2分の減収となった。阿波郡では日開谷... 続きを読む

明治32年9月の台風

image

明治32年(1899)9月8日、台風により、勝浦川では上流の高鉾村正木で山が崩壊し、下流では7月の決壊で仮止め堤防となっていた江田村の堤防から上流部の... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、暴風雨により、石手川の堤防が決壊し、死者10数人、石手村ほか4ヶ村が浸水した。また、重信川上村でも堤防が決壊し、温泉... 続きを読む