明治40年の大雪

災害年月日
1907年02月11日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
雪害  
概要
明治40年(1907)2月11日、低気圧が四国沖を通過したため大雪となった。積雪量は徳島で42cmに達し、明治以降の最高記録となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、522頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
低気圧 大雪
NO.
徳島2790

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日~11日、大雪。積雪は徳島市で43cm、半田で70cmとなった。東シナ海低気圧が四国沖を通過したために大雪となったもの... 続きを読む

大正6年の大雪

大正6年(1917)2月4日、明治以来の大雪となり、積雪量28cmに及び、電線切断等の被害が出た。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日夜から11日、大雪のため、徳島の積雪42cm。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

明治26年の大雪

明治26年(1893)2月27日、南方海上を東進した低気圧のため、徳島でも朝から19時まで雪が降り、33cm積もった。これは明治40年の42cmにつぐ... 続きを読む

明治26年の大雪

明治26年(1893)2月27日、南方海上を東進した低気圧のため、徳島でも朝から19時まで雪が降り、33cm積もった。これは明治40年の42cmにつぐ... 続きを読む