大正4年の台風

災害年月日
1915年09月08日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)9月8日、台風が鹿児島県に上陸し、九州を北上した。雨量は少なかったが、稲の開花期に当たりカラ風のため、明治32年以来の大被害となった。特に海部郡の被害は大きかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、523頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2795

よく似た災害

大正4年の洪水

大正4年(1915)9月8日、台風のため水稲被害。反収1石1斗1升、明治22年以来の低記録となる。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が襲来し、四万十川は洪水となった。高知地方気象台開設以来の大型台風で、中心が佐賀町付近から北上したため、高... 続きを読む

大正4年の風害

大正4年(1915)、西のカラ風吹き続き、空穂となり、稲作は全滅的大被害を受けた。 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月、台風により、町内は浸水。明治40年(1907)年以来の大洪水。 続きを読む

大正6年の大雪

大正6年(1917)2月4日、明治以来の大雪となり、積雪量28cmに及び、電線切断等の被害が出た。 続きを読む