大正7年9月の台風

災害年月日
1918年09月14日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)9月14日、台風が南紀に上陸した。雨量は少なかったが、稲の開花期に辺り、8月の低温・多雨と重なり、稲に被害を与えた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、523頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2797

よく似た災害

明治43年の台風

明治43年(1910)9月8日、台風が土成町地方を通過し、降雨量は105.7ミリとかなりの大雨であった。風速は比較的弱かったが、稲の開花期にあたってい... 続きを読む

大正12年の干ばつ

大正12年(1923)8月、干天が30余日となり、稲作にかなりの被害を与えた。 続きを読む

大正2年の降雹

大正2年(1913)4月、梅の実大のひょうが降り、農作物に甚大な被害を与えた。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、土佐湾台風(台風10号)が高知県を直撃し、満潮と重なり、高知市を中心に甚大な被害を与えた。写真4枚。 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風が鹿児島県に上陸し、九州を北上した。雨量は少なかったが、稲の開花期に当たりカラ風のため、明治32年以来の大被害となっ... 続きを読む