大正10年の低温・多雨

災害年月日
1921年06月00日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
その他(低温)  その他(多雨)  
概要
大正10年(1921)6月、梅雨のため低温、少照となり、大正3年(1914)以来の麦の不作をもたらした。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、523頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨 低温 多雨
NO.
徳島2798

よく似た災害

大正12年の豪雨

大正12年(1923)7月11日から12日にかけて、梅雨前線が低気圧に刺激されて活発になり、県下に豪雨をもたらした。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

明治36年の多雨

明治36年(1903)、暖冬の後、3月から5月にかけて多雨が重なり、記録的な麦の凶作となった。また、三化螟虫が大繁殖し、立江、坂野の稲作に被害をもたら... 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号・25号

昭和40年(1965)9月9日~10日の台風23号で、高松で瞬間最大風速39.5mを記録した。引き続き、台風24号、25号のアベック台風が豪雨をもたら... 続きを読む

大正12年の台風

大正12年(1923)9月15日、台風が室戸岬南方から南紀に上陸し、これが晩稲の出穂期に当たったため、被害をもたらした。 続きを読む

昭和6年の低温・多雨

昭和6年(1931)7月、連日のように梅雨が梅雨が続き、降雨のなかった日は2日間しかなかった。気温は7月としては最低気温となり、日照時間は平年の半分に... 続きを読む