昭和7年の低温

災害年月日
1932年02月00日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
その他(低温)  
概要
昭和7年(1932)2月から4月にかけて低温が続き、ミカン等に被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、527頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
低温
NO.
徳島2803

よく似た災害

昭和35年の低温・大雪

昭和35年(1960)12月27日、急速に気温が低下し、31日朝高知では-5.8℃を観測した。また、山間部では大雪となり、梼原では77cmの積雪となっ... 続きを読む

昭和43年の降雹

昭和43年(1968)6月19日、降雹により延野地区の煙草、ミカン等に大被害が出た。 続きを読む

明治29年の低温・長雨

明治29年(1896)7月から9月にかけて低温と多雨が続き、特に9月3日から12日にかけて四国沖に秋雨前線が停滞し、11日には台風が四国南岸をかすめた... 続きを読む

昭和11年の低温

昭和11年(1936)1月~5月、低温のため、みかんや野菜類にかなりの被害が出たと見られる。 続きを読む

昭和62年の低温

昭和62年(1987)2月28日朝、冬型気圧配置の強まりで厳しい冷え込みとなり、県内全域で最低気温が零下になった。須崎市ではビワ7ha、1,210万円... 続きを読む