昭和8年の落雷

災害年月日
1933年08月27日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
その他(落雷)  
概要
昭和8年(1933)8月、10日間の雷雨があり、坂野村では27日に落雷により1名が死亡した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、528頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷 死者
NO.
徳島2804

よく似た災害

大正7年の落雷

大正7年(1918)6月、四條村の農夫が路上で落雷により死亡した。 続きを読む

大正11年の落雷

大正11年(1922)9月9日、降雨、各所に落雷あり。東川原の家屋への落雷により、避難中の2人即死。(「大西夘平日誌」による) 続きを読む

昭和27年の落雷・火災

昭和27年(1952)7月19日、集中豪雨に伴い、町内数箇所で落雷が発生し、桑村では落雷による火災が起こった。(篠原雅一氏の日記による) 続きを読む

昭和57年9月の落雷

昭和57年(1982)9月20日、寒冷前線の通過により、徳島市では夕方に激しい雷が発生し、17時10分頃に徳島駅構内に落雷した。このため、列車上下7本... 続きを読む

昭和57年9月の落雷

昭和57年(1982)9月20日、寒冷前線の通過により、徳島市では夕方に激しい雷が発生し、17時10分頃に徳島駅構内に落雷した。このため、列車上下7本... 続きを読む