昭和13年の少照

災害年月日
1938年03月00日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
その他(少照)  
概要
昭和13年(1938)3月、5月、6月は曇天、少照となり、麦に被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、531頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
小照
NO.
徳島2808

よく似た災害

大正10年の低温・多雨

大正10年(1921)6月、梅雨のため低温、少照となり、大正3年(1914)以来の麦の不作をもたらした。 続きを読む

昭和33年の霜害

昭和33年(1958)3月31日、記録的な低温となり、凍霜害が発生した。徳島の31日の最低気温は-1.9度であった。麦類に被害が出た。 続きを読む

昭和33年の霜害

昭和33年(1958)3月31日、記録的な低温となり、凍霜害が発生した。徳島の31日の最低気温は-1.9度であった。麦類に被害が出た。 続きを読む

昭和33年の霜害

昭和33年(1958)3月31日、記録的な低温となり、凍霜害が発生した。徳島の31日の最低気温は-1.9度であった。麦類に被害が出た。 続きを読む

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)8月5日、台風19号が九州西海岸をゆっくり北上し、九州北部を縦断した。仁淀川は洪水となり、死者2名が出た。越知町では2世帯9名に... 続きを読む