昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月21日、台風10号が高知県西部に上陸し、ゆっくり北進した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 下巻」(小松島市、1988年)、574頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2833

よく似た災害

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)8月5日、台風19号が九州西海岸をゆっくり北上して、九州北部を横断した。県西部は暴風雨圏内になり、宿毛で風速36.2mの強風とな... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号が須崎付近に上陸し、ゆっくり北上したため、降雨時間が長く、葉山村各所で崖崩れや浸水が続出した。道路は山崩れの... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が土佐湾を西北進して足摺に上陸し、県西部の被害甚大。被害は死者186人、家全半壊2,484棟に及んだ。幡多の惨状は... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日、台風6号が迷走しながら徳島県の東部を北進し、神戸に上陸した。 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日夕方、台風が宮崎に上陸後、北進したが、雨量は県西部の山地に集中し、洪水による被害が多く、沿岸地帯では浪害甚大。 続きを読む