昭和46年の台風23号

災害年月日
1971年08月30日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
昭和46年(1971)8月30日、台風23号が南国市に上陸し、徳島県を通過して阪神に抜けた。豪雨の台風であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 下巻」(小松島市、1988年)、574頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨
NO.
徳島2834

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風は日和佐に上陸し、阿南市から小松島市和田鼻を通過して阪神間を北東に抜けた。那賀川では16日15時に最高水... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号が九州西方を通過し、豪雨のため、特に三縄村(現池田町)で被害が大きかったが、その他の被害は比較的軽微であった... 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号・25号

昭和40年(1965)9月10日午前8時頃、台風23号が安芸市付近に上陸し、四国、近畿地方を通過して日本海に抜けた。この台風は風台風であり、強風による... 続きを読む

昭和29年のマリーナ台風

昭和29年(1954)9月18日、マリーナ台風が発生し、九州に上陸後、愛媛県下を通過し、中国地方を横断して、日本海に抜けた。稲の収穫時と重なり、稲が倒... 続きを読む

大正12年6月の台風

大正12年(1923)6月22日、台風が瀬戸内海から北陸に抜けた。この台風で丸亀港外で帆船1隻が沈没した。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風... 続きを読む